●肌の引き締め/ハリ・ツヤ/乾燥肌/肌荒れ/年齢肌

ローズマリー石鹸の特徴


水は一切使わず、石鹸素地にへちま水・ローズマリーを加え丹念に練り込み、1ヶ月ほど自然乾燥させて作られた手練り石鹸です。

機械の熱で成分を酸化させない山澤清の独自製法で、肌への刺激を極力少なくし、植物成分を損なわないように作られています。

肌についた汚れやよぶんな皮脂は取りますが、肌に必要な皮脂や肌を健やかに保つための常在菌を取り過ぎない石鹸となっています。

また、防腐剤は化学的な成分を一切使わず、メイン美肌成分のローズマリーの持っている天然の防腐効果を利用しています。

さらに、ローズマリーは収れん作用があり、肌を強化しつつ引き締めるのに効果的で、ハーブのすがすがしい香りとキュっとした洗い上がりが感じられます。

洗顔・クレンジングは肌についた汚れや皮脂・メイクを落とすことですが、洗浄成分の強さによって肌へ負担をかけてしまう場合があり、スキンケアの基本中の基本。

肌に優しい洗浄成分でも肌への負担を軽減するために、石鹸に美容成分を配合することは有効と考えられます。

手練り製法で作られた石鹸 100gを自然乾燥して出来上がりは70gになっており、ものすごく硬いため非常に長持ちします。

通常石鹸をバスルームに使ったままにしておくとふやけてしまいますが、ギュっと凝縮しているのでふやけません。

それでいて石鹸を泡立てるのは簡単で、泡立てネットを使って泡立てるとふんわりとした細かい泡が出来上がります。

洗い上がりはさっぱりとしていて肌がつっぱった感じにならないです。

洗顔後の肌は洗い残しがないと感じられる使用感で、しっとり感はなくクリアな肌になったと触れた手の平で確認できます。


ローズマリー石鹸に含まれる美容成分の特徴


・ローズマリー
肌の活性化、抗菌作用があり、合成防腐剤の代わりに完全無添加化粧品に配合することが多いです。

また、ローズマリーはハンガリーウォーターのベースで、「若返りの水」で有名で、ハンガリー王妃のエリザベート1世が72歳の時に、20歳のポーランド王子様にプロポーズされたと言う逸話があり、王妃がハンガリーウォーターを使っていたそうです。

収れん作用による肌の引き締めや、肌の老化防止に効果的でメラニン色素抑制にも期待ができます。

・へちま水
へちま水は江戸時代から化粧水や民間薬として使われていたほど、古くから日本人にとって身近なものです。

秋にへちまの実が完熟した頃、高い場所で茎を切り切り口から出てきた水がへちま水です。

ピュアなへちま水は雑菌が入るなどの保管方法さえ間違わなければ、防腐剤が使用しなくても10年以上腐敗しません。

へちま水は弱酸性で、クラスター(水の構造単位)が天然成分なのに小さいため、肌に吸収されやすく肌に優しいのが特徴です。

また、古くからあせも、ひび、あかぎれ、日焼け後の手当てに効果的と言われていて、へちま水に含有するヘチマサポニン、ペクチンなどが保湿に優れています。

内容量:70g
【原材料】
石鹸素地(パームオイル・ココナッツオイル使用)、へちま水、ローズマリーエキス、その他ハーブエキス

【使用期限】
開封後の場合は6か月、未開封の場合は3年

※開封・未開封とも常温保存で大丈夫です。

<1個で毎日使用で約3〜5か月分>

ローズマリー石鹸の使い方と使用感


洗顔・ボディー用としてお使いいただけます。

洗顔に使用する場合は、手を洗い、顔についた汚れや皮脂をぬるま湯で軽く洗い流し、泡立てネットを用いてしっかりとした泡を作り洗顔するのをおすすめします。

石鹸を数回泡立てネットに擦ると、モコモコの生クリームのような滑らかな泡ができるので、配合成分の良さを引き出す、肌についた汚れやよぶんな皮脂を落とすために、30秒くらい泡を肌の上で転がします。その後、髪の生え際やあごの下などに石鹸が残らないようによくすすぎます。

洗い上がりは肌がつっぱらずにさっぱりできる石鹸です。
長く使っていても肌にざらつきがなく、特別な角質ケアをしていなくても肌がクリアになってるのを実感できます。

【こんな肌の方におすすめ】
・肌に締まりがないのが気になる
・肌がカサカサしている
・エイジングケアができる石けんを使いたい
・シミを増やしたくない
・肌荒れしやすい

Ondo ブランドコンセプト

レビューはありません。