Ondo ローズヒップ化粧水 by 山澤清 モア・オーガニック 50mL

2,160円(税込)

定価 2,160円(税込)

購入数

水を一切使わずに作られた化粧水で、主原料は白樺樹液とローズヒップエキスになります。

化学的な防腐剤は一切使わず、植物の持っている防腐効果を用いてローズマリーを配合。

美肌に効果的なビタミンCとビタミンPが豊富で、肌の再生を正常に導くとともに、透明感のある肌に近づけてくれます。

また、保湿効果の高い繭の成分であるセリシン(シルクパウダー)配合で、乾燥しがちな肌に適しています。

強過ぎなず嫌みのないピュアなローズエキスをの香りがパウダールームいっぱいに広がり、香りでのリラクゼーションも絶大。

完全無添加オーガニック化粧水なのに、1本で2〜3か月は使えるので経済的で長く愛用しやすいです。

・ローズヒップ
バラの果実から取れるローズヒップはビタミンCが豊富で、スキンケア・ハーブティーとしても親しまれています。

ビタミンE・Cは抗酸化作用(肌の老化防止)を持っているのですが、特にビタミンCはレモンの約20倍で高い抗酸化力を持っているので、エイジングケアやゆらぎ肌のケアに優れています。

また、ビタミンP・βカロチンも豊富で肌に栄養を与え、肌のくすみを改善し透明感のある肌に導いてくれます。

Ondoに使われているローズヒップは、山形県庄内で有機栽培されたローズヒップを使用。

ふんわりと柔らかいバラの香りでさらっとしているのに肌に潤いを感じられます。

・白樺樹液
白樺樹液には、糖質やアミノ酸、リンゴ酸、ミネラル類、タンニンやサポニン、フラボノイド(ケルセチン、ルテオリン)、ビタミンCなどなどが豊富に含まれており、肌の引き締めや制汗効果、血行促進効果、消炎効果、保湿効果などがあります。

ヨーロッパでは皮膚病や外傷の治療に古くから使用されるほどです。

・セリシン
蚕の繭を構成しているセリシンは、シルクの主成分を包んでいるタンパク質で、人と共通した18種類のアミノ酸で構成されています。

セリシンのアミノ酸組成は、肌の天然保湿因子(NMF)とよく似ているので、肌のバリア機能を低下させる活性酸素の発生や、シミを作る時に使われるチロシナーゼの働きを抑制するのに効果的です。

肌への刺激が少なくて、保湿・保護・美白に優れたスキンケア成分として注目されています。

内容量:100mL
【原材料】
白樺樹液、セリシン、ローズヒップエキス、ローズマリーエキス、ローズ油、ゼラニウム油

【使用期限】
開封後の場合は、3か月
未開封の場合は、2年

開封前/高温多湿を避け冷暗所で保管
開封後/冷蔵庫で保管

<1日2回使用で約1〜1か月半分>

【使い方】
手の平に適量(100円玉大)を取り、顔全体にたっぷり水分補給してください。

成分は自然な状態の化粧水なのですが浸透性が良く、肌にスッ〜となじんでドクドクと肌が飲み込むように浸みこみます。

古くなった角質が溜まっているなど、肌状態によって浸透具合が違ってきますが、1度にたくさんつけようとせず、浸透したらまたつけるというのを繰り返すと良いです。(2〜3回)

使っているうちに、1回つけただけでも肌が潤っているというのを感じられるようになると思います。

JOCA(日本オーガニックコスメ協会)推奨品マーク取得


JOCA推奨マーク

日本にはオーガニックコスメの認証機関がなく、日本製のオーガニックコスメであってもオーストラリア・ドイツなどにあるオーガニック認証機関の認定を受けています。

ところが、世界にあるいろいろなオーガニックコスメ認証やナチュラルコスメ認証の基準の中には、●%までなら石油系の合成成分を一部「使用可」や、「安息香酸Na」「ソルビン酸K」と言った合成防腐剤を配合しても認証していて、完全無添加オーガニックコスメではないのです。

そんなオーガニックコスメの実態があり、完全無添加のオーガニックコスメと推奨している期間がJOCAで、JOCA推奨品マークは世界中の認証機関より最も厳しい基準を設けています。

名ばかりのオーガニックコスメではなく、本物のオーガニックコスメを使いたいのであれば、JOCAの推奨マークがついたオーガニックコスメを選べば間違いありません。

【こんな肌の方におすすめ】
・肌がカサカサしている
・季節の変わり目などゆらぎ肌になりやすい
・肌がくすんで透明感がない
・敏感肌になりやすく肌に元気がない
・エイジングケアを考えた化粧水を使いたい




【スタッフレビュー】
香料を使っているスキンケアは香りが強く鼻をさすようなするどい香りがしますが、Ondo ローズヒップエキスは100%植物成分で、きつ過ぎない上品な香りがします。

1回の使用目安委は適量で、肌状態によって異なります。



まずは、手の平に100円玉大を取り、顔全体を覆うようにして浸透させ、100円玉大が浸透したら、再度同量を手の平に取り浸透させていきます。

パッティングよりハンドプレスの方が肌に負担が掛からずすおすすめです。

1度に大量を浸透させるのではなく、分けて使うことで使っている方の肌状態によって適量のサインが感じられると思います。

ナノ化などしていないのに、浸透が良く肌の上でビシャビシャしません。

私は2度づけくらいで、肌がわずかにしっとりしてきたのを感じ、使い始めて2週間くらいで1度塗りでも大丈夫になりました。

使っていると肌が潤ってくるのを感じられるかと思います。


イメージはありません。