大人ニキビの原因を知って生活習慣や洗顔料などのスキンケアで改善したい

20代・30代で悩んでいる方が多い大人ニキビ

10代の頃は皮脂分泌がもともと盛んな時期で、青春ニキビと言われ20代になれば少しは落ち着くだろうと思っていたのに、20代・30代になってもまだニキビができる方がいらっしゃいます。

これが大人ニキビで、10代の頃にできていたニキビとは皮脂分泌の多い原因が異なり、洗顔料をはじめとしたスキンケア全体で大人ニキビを抑制・改善させたいです。

 
大人ニキビができる原因

大人ニキビができる原因はさまざまですが、一番気にしたいのが皮脂分泌で、皮脂が過剰に分泌されるために大人ニキビとなってしまいます。

皮脂は皮膚の上で肌を健やかな状態に保ってくれている常在菌の中のアクネ菌のエサになり、大人ニキビを作ります。

 
乾燥肌

肌が乾燥すると、身体は防衛本能を持っていて「肌がキケン」と感じるために、肌を守ろうとして皮脂を多く分泌します。

肌の乾燥と皮脂が多いと言うのはまったく逆の肌状態なので見落としがちなのですが、肌がカサカサしているのに大人ニキビができる方は、肌の乾燥が原因になっている場合があります。

いわゆるインナードライ肌の方は、肌の表面は潤っている感じでも皮膚の内部は水分が足りていないので、皮脂分泌が多くなり大人ニキビができてしまうと言うことです。

 
ホルモンバランスの乱れ

身体で作られるホルモンは生命を維持するために大切な働きをしているのですが、皮脂と大きく関わっているのが男性ホルモンです。

男性ホルモンのテストステロンに5αリダクターゼ(酵素)が働くとジヒドロテストステロンと言う男性ホルモンになり、このジヒドロテストテロンは皮脂腺を活発化させます。

女性ホルモンと男性ホルモンのホルモンバランスの乱れとは、男性ホルモンが優位に立つために皮脂分泌が多くなってしまうのです。

意識をしていなくても、ワーキングウーマンがバリバリするなど戦闘モードになっていると、男性ホルモンが女性ホルモンを上回り皮脂分泌が多くなると言う訳です。

また、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)には皮脂分泌を抑制する作用があるのですが、排卵期にエストロゲンが増えていたのが生理前には減少し、男性ホルモンが優位になり皮脂分泌が多くなります。

さらに、このような女性ホルモンの変化に身体がついていけずにストレスとなり、交感神経を刺激し、自律神経の近くにある皮脂腺に作用して皮脂分泌が多くなります。

家事・育児でのストレス、ハードワークで疲れていると、皮脂分泌が増えるのも同じ理由です。

ホルモンバランスの乱れと一言で言っても、身体のメカニズムに複雑に関係しているので、分かっていても改善するのが難しいですね。

 
食生活

「チョコレートを食べ過ぎたからニキビができた!」
「ナッツを食べ過ぎたからニキビができた!」

チョコレートにはポリフェノール、ナッツにはビタミンEなど、身体に良い栄養素もあるのですが、油脂が多いためにニキビができやすくなる場合があります。

また、糖質が多く高GI食品を食べるとインスリンが多く分泌され、男性ホルモンの働きを活発にしてしまうので、ニキビの原因になります。

そのほかにも、アルコール・刺激物・カフェインなども原因とされていますが、過剰摂取にならないようにすることがニキビ対策になります。

 
大人ニキビの原因をどこで撃退するか

大人ニキビ 洗顔料 おすすめ

ニキビの原因の1つである食生活は自己コントロールするしかないのですが、乾燥肌や皮脂過多はスキンケアでできる分野になります。

 
乾燥肌を改善

保湿力の高いスキンケアを使うのはもちろんですが、乾燥肌にならないための工夫も必要です。

乾燥肌の原因は肌バリアの低下によるものが多いので、皮脂を落とし過ぎない洗顔料を使うことをおすすめします。

一般的に化学合成成分が多く含まれているのは水分の多い洗顔料で、防腐剤を必要とする洗顔フォームなので、化学合成成分による肌バリアの低下が気になりおすすめできません。

また、洗顔料の中で洗顔石鹸は化学合成成分をあまり必要としないものが多いのですが、洗顔石鹸なら何でも良いと言うのではなく、機械で作った石鹸は防腐剤・香料などが配合されているため、無添加石鹸をおすすめしたいです。

さらに、弱酸性の洗顔料は肌が弱酸性でph値を変えないため肌には優しいのですが、洗浄力が低く肌についた汚れやよぶんな皮脂が残ってしまう可能性があります。

洗顔料として選ぶのであれば、大人ニキビ肌には限らないのですが、肌バリアを弱めず肌の汚れやよぶんな皮脂だけを落としてくれる石鹸が良いです。

乾燥肌による大人ニキビは、保湿をし肌バリアを強化することで、皮脂分泌をいかに正常にするのが目的となり、洗顔料を含めたスキンケア全体での見直しが必要です。

 
アクネ菌が原因による肌状態の改善

皮膚を守っている常在菌の中の1つのアクネ菌が繁殖すると大人ニキビを作ってしまうのですが、本来は皮脂バランスを保つのに役立っていて、皮膚にとって必要な存在です。

アクネ菌をただの悪者のように扱うことはできず、毛穴などに詰まった皮脂をいかに増殖させないかがポイントとなります。

アクネ菌増殖を抑制するために、抗菌作用を持ったクマザサドクダミなどの植物エキスを用いた洗顔料をはじめとしたスキンケアがおすすめ。

また、皮脂分泌が多いからと言って、油分をまったく使わないのは乾燥肌の原因にもなりかねないので、同じく抗菌作用を持った油分のミツロウや毛穴詰まり防止に効果的なホホバオイルを使うと良いです。

オリーブオイル・アルガンオイルはオレイン酸を多く含み、オレイン酸はアクネ菌のエサになるので同じ美容オイルでも大人ニキビ肌には不向きです。

美容オイルを過剰に使うことはおすすめしませんが、程良く皮脂のサポートとして適切な油分を使うことをおすすめします。

 
皮脂分泌をコントロールして改善

皮脂分泌をコントロールする方法は2つあり、皮膚で直接皮脂分泌を抑制しやすい植物エキスなどの使用と、ホルモンバランスを整え皮脂分泌を抑制する方法です。

皮膚での皮脂分泌抑制
皮脂分泌抑制に効果的な美容成分はビタミンCで、ローズヒップには豊富に含まれています。

さらに、ビタミンCはコラーゲン生成のサポート役でもあるので、肌の再生を整えることでニキビ跡にもなりにくいです。

ホルモンバランスの乱れによる皮脂分泌抑制
男性ホルモンが優位になって皮脂分泌が多くなるのであれば、女性ホルモンを優位にして皮脂分泌を抑制します。

五感により女性ホルモンの分泌をアップさせてくれるダマスクローズ、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンを含んだ豆乳なども 皮脂分泌抑制に役立ってくれます。

自律神経への刺激による皮脂分泌抑制
ストレスにより自律神経が刺激され、皮脂腺が近くにあり影響を受けているので、ストレスを溜めないのが一番ですが、毎日の生活の中でストレスを感じるのは仕方がないことですが、ストレスを発散する方法や、リラクゼーションできる環境を作ることでストレスを溜め込まないようにしましょう。

軽い運動をすることでストレス発散となる、アロマなどの香りでリラックスする、バスタブにゆっくりと浸かるなど、ストレスを溜め込まない方法は人それぞれかと思います。

また、大人ニキビができて気になりニキビのことを考えていると、これもまたストレスになってしまいます。

難しいとは思いますが、大人ニキビを気にし過ぎないのも皮脂分泌を抑制することに繋がるので、穏やかな気持ちでいることも大切です。

 
まとめ

大人ニキビできるメカニズムや改善方法を挙げてきましたが、大人ニキビの原因は複雑なだけになかなか改善されない方が多いのだと思います。

大人ニキビには皮脂分泌が大きく関わっているのですが、スキンケアで言えば、皮脂分泌以外にも古くなった角質を溜めずに皮脂を落としやすくするのも大切です。

角質ケアに効果的なスキンケア 

生活習慣・メンタル面などを加味したところで、大人ニキビになりにくいスキンケアを選んで欲しいと考えます。
 

▲TOP