シミ・シワ・たるみなどの肌老化の原因を知って若々しい肌を目指す
スキンケア 肌老化

シミ・シワ・たるみなど、30代後半くらいから肌老化によってさまざまな肌悩みが出てきます。

「歳だから仕方がない」と諦める前に、肌老化の原因を知りその原因の対策をすることで、いつまでも若々しい肌を手に入れる、さらには「マイナス10歳肌」を目指して美肌を手に入れたいです!
 

エイジングケアは何歳から?!

生まれたばかりの赤ちゃんの肌はぷりぷりで、指で押すと天使の輪ができるほどハリと弾力のある肌ですよね。

「25歳はお肌の曲がり角」と昔のCMで聞いたことがありますが、確かに20代半ばから肌細胞を含めた身体全体の代謝は下降していく時期です。

「エイジングケアは何歳からやればいいの?!」と、若々しい肌でずっといたいのであれば気になるところ。 そう、肌細胞を考えると20代半ば 25歳を過ぎたらエイジングケアを意識したスキンケアをした方が良く、将来の肌が変わってきます。

エイジングケアと言っても、高級なスキンケアを使う必要はなく、シミ・シワ・たるみなどの肌老化の原因を知って、毎日のちょっとした生活習慣を見直したり注意をするだけで、肌老化を起こしにくくしていきましょう。
 

肌老化の原因

肌の酸化
紫外線
乾燥
血行不良
ホルモン不足


これらが肌老化の大きな原因で、シミ・シワ・たるみとはまだまだ無縁だと思っている方でも、見えないレベルで肌老化は始まっているかも知れません。
 

肌老化対策

 

肌の酸化

肌の酸化とは、紫外線を浴びる、ストレス、寝不足、疲労、喫煙などによって、活性酸素が多く身体で作られるために、肌細胞を含めた細胞を酸化(サビ)させてしまうことです。

鉄が酸素を結びついて錆びつく、リンゴを切ったままにして空気に触れていると茶色くなる。

肌にも同様のことが起きて、本来身体を守るために作られている活性酸素が多過ぎてしまうと身体を攻撃してしまう、これが酸化と呼ばれる現象です。

この活性酸素の攻撃を阻止してくれるのが抗酸化作用を持った成分で、ビタミン・カテキン・リコピンポリフェノール・アスタキサンチンなどがあります。

身体全体の細胞を老化させないのと同様に、肌も老化させないために抗酸化作用のある成分を継続して使うことで、肌老化を阻止して肌機能が正常に働いている肌を手に入れます。

また、スキンケア・インナーケアだけではなく生活そのものにも関係しているので、ストレスを発散したり規則正しい生活を心掛けることも肌老化対策の1つになります。

紫外線
 

紫外線対策

紫外線の中には、UVA波・UVB波があります。

UVB波は全紫外線のうち約5%で、肌の表面に近い表皮にダメージを与え肌の奥まで達しませんが、紫外線を浴び続けて肌がヒリヒリするなど、日焼けによる炎症を起こします。

また、肌細胞をガードするために過剰な活性酸素を作り肌老化の原因となるとともに、皮膚の中の基底層でメラニン色素を作り出しシミの原因となります。

UVA波は全紫外線のうち約95%を占めていて、肌の中の真皮層まで達します。

真皮層には、肌の弾力・ハリ、保湿に関わるコラーゲン・エラスチン、そしてこれらを作り出すために働くFGF(線維芽細胞増殖因子)があります。

UVA波で真皮層が傷つけられると保湿能力が減少し肌の再生が遅くなったり、シミの大元のメラニンを肌の外に押し出す力が弱くなり、シミを作ってしまう場合があります。

さらに、紫外線を受けると多くの分解酵素を作り出すために、コラーゲンを分解されてしまいます。

加齢とともにコラーゲン生成も減少しているのに加えて、コラーゲンが分解されてしまうと、肌にハリ・弾力がなくなり、シワ・たるみとなって現れます。

また、特にUVA波は、皮膚で熱さを感じず曇りの日・冬でも降り注いでおり、窓を通して室内にも入り込んでくるので、日常的に常に浴びている可能性が大きい紫外線です。

紫外線対策は夏がメインとなるのはもちろんですが、冬でも油断できないので年間通して紫外線対策をした方が良いです。

紫外線対策で帽子・日傘などでガードしていても、紫外線は上からだけではなく、反射によって浴びてしまいます。

芝生で1〜2%、コンクリートで5〜6%、水面で20〜40%、雪面で80%の反射率となり、肌の大敵は上からばかりでなく、反射のことも考えて行った方が良いです。

もし紫外線をたくさん浴びてしまったら、シミを作り出すように指令しているチロシナーゼ酵素を持った植物エキスや、出来てしまったメラニン色素を基底層に残さないように、肌代謝をアップして肌の再生を正常にする必要があります。

子供の頃にできた傷はすぐに治っていたものの、ある程度の年齢になると治りが悪くなり色素沈着した部分がシミとなって残ってしまうのは、肌の再生の遅れや肌機能の老化によってメラニンを皮膚の外に追い出す力が弱っているからで、肌機能アップによってできてしまったメラニンを追い出しやすくします。

肌構造

乾燥対策

乾燥肌になると、肌がカサカサしている、目尻や口元にに小じわが増えたなどの肌トラブルが起こります。

肌の水分量は赤ちゃんの頃で80%、大人になると20〜30%が平均で、肌の乾燥は加齢も大きく関係しており、30代・40代・50代になると乾燥肌になりやすい状態になっています。

また、強過ぎる洗浄成分に使用や熱過ぎる湯船での長風呂などによって、肌バリアに関わるセラミド(角質間脂質)の減少、皮脂膜の乱れなどによっても、肌は乾燥してしまうので、年齢に関係なく乾燥肌の方はいます。

乾燥肌を改善するためには保水と保湿なのですが、肌に水分を与えただけでは保水にならず、角質層で水分を包み込むセラミドが重要になります。

セラミドには大きく分類して「ヒト型セラミド」「擬似セラミド」「動物由来のセラミド」「植物由来のセラミド」の4種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

ヒト型セラミドは、名前の通り人のセラミドと構造が似ているため肌との親和性は高いのですが、水溶性で肌に浸透しにくいために化学合成成分を使って浸透を良くしているセラミドが多いです。

擬似セラミドは、セラミドに似せているだけで、原料は石油系のため使用は論外。

動物由来のセラミドは天然由来のセラミドと言われていて、親和性・浸透性が良いのですが、高価なものが多く動物由来であるために原料自体の安全性や確保が不安定です。

植物由来のセラミドは植物から得られるセラミドや、微生物の力を利用して培養や発酵させたものがあり、大量生産が可能でコスパが良いので利用しやすいです。

植物性セラミドには、米・トウモロコシ・大豆・こんにゃく芋・ユズなどといった植物から抽出されたセラミド成分があり、肌に体に優しく刺激になりにくいです。

なかでも、こんにゃくを原料にしたグルコマンナンは保水性が高く、アレルゲンにもなりにくいので活用したいセラミドになります。 ※米・大豆・麦由来は人によってアレルゲンとなる場合があるので必要性に応じてパッチテストを行うと良いです。

【植物セラミドの原料表記名と原料】
●加水分解コンニャク根(こんにゃく芋)
グリコシルセラミド(米)
●トウモロコシ胚芽抽出物(トウモロコシの胚芽)
●コメヌカスフィンゴ糖脂質(米ぬか)
●セラミド糖脂質含有米エキス(米)
●セラミド含有米抽出物(米)

また、天然保湿因子(NMF)も肌の乾燥を守るのに有効で、NMFと同じアミノ酸を含んでいる発酵エキスなども乾燥肌対策として使いたい美容成分になります。

さらに、外部からの刺激を皮膚の中に入れない、皮膚の中の水分を逃がさないようにしている皮脂膜の代わりに、ホホバオイルオリーブオイルアルガンオイルなどの美容オイルを皮脂のサポートとして使うのも効果的です。
 

血行不良対策

血行が悪いと血液によって運ばれてくるはずの酸素や栄養が肌に届かず、肌は酸素不足・栄養不足になり肌の新陳代謝が遅れてしまうために、新しい細胞を作り出す力が弱まってしまいます。

皮膚の中では常に新しい細胞を作り古くなった細胞を皮膚の上の方へ押しやり、古くなった角質(垢)となって皮膚から剥がれていきます。

血行が悪い肌は、肌の代謝が遅くなりがちで、新しい肌細胞に代わりにくくなっているために肌はすくみ透明感のない肌になる、シミの元のメラニンを皮膚の奥(基底層)に残してしまうようになります。

さらに、角質が溜まっていると浸透の悪い肌になり、シワ・たるみの原因にもなりかねません。

血行促進のために肌を冷やさない、適度な運動、マッサージ、入浴などによって、血行を促進してスムーズな流れで肌の生まれ変わりができるようにしたいです。
 

ホルモン不足対策

身体で作られているホルモンは100種類以上あると言われていて、血液循により体の中の必要な部分に運ばれ、生理作用の促進・抑制、生命維持などと深い関わりを持っています。

なかでも、成長ホルモンと女性ホルモンは、肌の新陳代謝を活発にしてくれる、血行促進により肌に酸素や栄養を運ぶなど、美肌と深い関わりを持っています。

●成長ホルモン
成長ホルモンは、就寝中にたくさん分泌され、身長を伸ばす、骨や筋肉を作る、身体の器官の修復などがあり、肌の新陳代謝を活発化させ、肌の再生をスムーズにしたり、シミやシワの防止にも役立ってくれます。

しかし、成長ホルモンは20歳を超えると減少し続け40歳ぐらいになると10代の頃の約4分の1程度の分泌になってしまいます。 分泌が減少していく中でより多く成長ホルモンを分泌させるためには、規則正しい生活で睡眠の十分とるように心掛けたいものです。

●女性ホルモン
女性ホルモンの中で美肌に関わっているのがエストロゲンとプロゲステロンになります。

エストロゲン・プロゲステロンとも、体内に水分を溜め込もうとする力があるので、肌の潤いアップに役立ちます。

エストロゲンは皮下脂肪を増やす働きがあるので肌のハリ・弾力をアップ、血管拡張作用により血行が良くなり肌の代謝促進につながりシミ・シワ防止になります。

プロゲステロンは皮脂の分泌を促進してくれるので、肌や髪に潤い・ツヤを与える美肌作用を持っています。

しかし、女性ホルモンの分泌をコントロールしているのが脳のため、ストレスや疲れ、睡眠不足などの生活習慣の乱れにより、分泌量が減ってしまうこともあります。

成長ホルモン同様、ストレスや疲れを残さない生活、質の良い睡眠を充分取ることで、より多くの女性ホルモンを分泌させ、美肌作りに役立てたいです。

また、女性ホルモンの分泌が減少すると男性ホルモンの働きが優位になってしまうため、過剰な皮脂分泌状態でニキビが作りやすくなるホルモンバランスの分泌はバランスも肝心です。

成長ホルモン・女性ホルモンは自分でコントロールできないため、軽い運動、質の良い睡眠、食事などで、ホルモン分泌やホルモンバランスを崩さない生活を心掛けましょう。

さらに、女性ホルモンの働きに似た働きを持つ大豆イソフラボンをインナーケア・スキンケアに取り入れるのも1つの方法です。
 

肌老化の原因と対策のまとめ

肌老化のことでお伝えしてきましたが、これらは肌だけではなく、身体全体の老化にも関わってきます。

肌の代謝をアップして基礎肌力をつけると、乾燥肌になりにくくし、シワ・たるみと言った肌老化の原因を阻止しやすくします。

いつまでも若々しい肌、そして身体でいられるようにすべてを網羅するのは難しいですが、知らずにいることで肌老化を起こしやすくして、「マイナス10歳の肌と身体」を手に入れたいものです。

■関連記事
肌のハシワ・たるみに関わるコラーゲンにも影響あり!肌と抗酸化作用の関係

ホームページへ

完全無添加オーガニックコスメ セレクトショップ ネット通販 ABCオーガニックショップについて

▲TOP