ひどい乾燥肌なら身体を洗わない

お風呂上りに肌が乾燥してすぐに保湿クリームをつけないと・・・

こんな乾燥肌の方は、身体を洗う洗浄成分が強過ぎる、または熱い温度の湯船に長く使っているために皮膚に必要な皮脂まで取り去っている可能性があります。

身体を洗う石鹸・ボディソープの見直し、湯船に浸かる温度や時間の改善が必要かも知れません。

しかし、それでもひどい乾燥肌で、肌がかゆくなったりカサカサしている方の究極の対処法は 身体を洗わないこと

ボディケア 保湿 乾燥肌 身体を洗わない

身体を洗わないと汚いような気がするかと思いますが、皮脂は32度のお湯で皮膚から取り去ることができるので、毎日お風呂に入っているだけでよぶんな皮脂は落とせます。

但し、身体についている汚れはよぶんな皮脂ばかりでなく汗もかいているので、雑菌の繁殖でニオイのもとになる可能性がある足・脇の下などは石鹸などで部分洗いをします。

どんな保湿成分よりも肌に良いのは身体で作っている皮脂膜なので、皮脂を取り過ぎないのが一番有効です。

身体を洗うのを毎日ではなく週に1回とか、肌の様子を見ながら洗うようにするのも乾燥肌対策の1つです。

しかし、ここで大事なのはよぶんな皮脂だけでなく、肌に必要な皮脂まで落としてしまっている可能性があるので、乾燥肌対策のサポートとして保湿クリーム・美容オイルが有効です。
 

乾燥肌で身体を洗っていない実例

私の旦那さまは年に数回しか(たぶん気が向いた時)身体を洗っていません。
(51歳で加齢臭なし)

身体を洗わなくなったきっかけは、私の息子が2歳くらいの時にひどい乾燥肌・敏感肌で、皮膚科の医師に身体を洗わない方が・・・と言うのを聞き、息子同様乾燥肌だった旦那様も身体を洗わなくなりました。

天然の皮脂膜のみで肌バリアが蘇ったことで、保湿クリームなどもまったく使っていません。

さらに、旦那様は顔も洗顔石鹸などでは洗ってなくて、ぬるま湯のみです。

男性やお子さんはメイクなどで余計な油分を肌につけることがないので、よぶんな皮脂だけを落とすのであれば洗顔石鹸などを使う必要がなく、皮脂だけでしっかりと皮脂膜を作り、肌バリアも正常な状態でいられます。

とは言っても、女性はメイクをするのでファンデーションなどの油分が肌につき、洗顔・クレンジングの必要があるので、洗顔石鹸などを使わずに洗顔するのは難しいですね。
 

一般的なあるボディローションの成分を確認してみた

一般的な濡れたまま肌に塗っていくタイプのあるボディローションの全成分です。
 
全成分
水、グリセリン、PEG-32、ジメチコン、BG、ミネラルオイル、(メタクリル酸ラウリル/メタクリル酸Na)クロスポリマー、シア脂、ワセリン、アルギニン、セタノール、ベヘン酸グリセリル、ジステアリン酸ソルビタン、ステアロイルグルタミン酸、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、PEG-60水添ヒマシ油、ラウレス-23、ラウレス-4、ラウレス硫酸Na、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

ビックリするほどの化学合成成分です。

角層までぐんぐん浸透して長時間潤うとも書かれています。

さらに、
保湿成分:シアバター、ワセリン配合。
●素肌とおなじ弱酸性
●赤ちゃんのデリケートな肌にも使えます
●アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありません)
●アルコールフリー
●無着色
●無香料

いかにも肌に良さそうなことが書かれていますが、
ミネラルオイル ⇒ 鉱物油(原料は石油)
●●ポリマー ⇒ ラップのようなもの
ラウレス-23 ⇒ ヤシ油を石油系溶剤で合成

など、あげたらキリがないほどの化学合成成分を配合しています。

化学合成成分が肌に与える影響ももちろんありますが、これでは肌にラップを巻いているようなもので、肌を根本的に改善するためのボディローションとは言えません。

また、使うのをやめれば乾燥肌に戻ってしまいます。

さらに、保湿できる肌にするどころか、見せかけだけの潤いでインナードライ肌のもとになってしまう可能性があります。
 

皮脂分泌が少ない方の乾燥肌対策はどうする?!

肌の状態には個人差があるので、いくら乾燥肌にならないように努力しても乾燥肌になりやすかったりします。

逆に言えば、何も気にしていないのに乾燥肌になりにくい方もいます。

では、乾燥肌にならないために肌バリアを強化するにはどうすれば良いかが肝心です。

まず第一に見直しをしたいのが、肌の汚れやよぶんな皮脂を落とす洗浄成分が強過ぎないかになります。

いくら肌に良い保湿クリームを使っても、強い洗浄成分で身体を洗っていれば、肌バリアをなかなか強化できません。

肌バリアを傷めない洗浄成分で身体を洗い、皮脂をサポートする保湿クリーム・美容オイルなどでケアすることで、乾燥肌を改善していきましょう。

■関連記事
敏感肌・肌荒れを治したいなら洗顔・クレンジングの見直しと肌バリアに着目したい
肌に合った良い洗顔料の選び方

■こんな記事もあります
完全無添加オーガニックコスメをおすすめする理由

無添加がすべて安全ではない理由&添加物が肌に与える影響

>> ホームページへ


モバイルショップ