敏感肌・肌荒れを治したいなら洗顔・クレンジングの見直しと肌バリアに着目したい

敏感肌・肌荒れの原因と改善

洗顔後の肌がところどころ赤くなっていたり、ヒリヒリして化粧水をつけると浸みてしまう。

こんな肌状態だと、せめて敏感肌・肌荒れを改善してスキンケアが普通にできるようになりたいと思います。

敏感肌・肌荒れの方の肌は肌バリアが弱っていて、外部からの刺激が皮膚の中に入ってしまい、皮膚の中の水分を逃がしてしまうので肌が乾燥して、負の連鎖となってしまいます。

 
敏感肌・肌荒れの原因

敏感肌・肌荒れ、さらには乾燥肌に大きく関わっているのが肌バリアで、肌バリア機能を支えているのが皮脂と肌を守ってくれる常在菌です。

皮脂はどんなに良い美容オイルよりも大切な存在で、若くて健康な肌に水分がついてはじくようになるのも、皮脂が肌をしっかり守ってくれている証拠です。

皮脂は多過ぎても少な過ぎても肌トラブルを起こしかねないのですが、皮脂が少ないために肌バリアが弱り敏感肌・肌荒れを起こしてしまいます。

 
加齢による皮脂不足

皮脂は皮膚の表面に皮脂膜を作り皮膚を守っているのですが、皮脂分泌のピークは20代で、代謝の低下・女性ホルモンの影響によって30代以降は減少していきます。

40代後半から50代になると女性は閉経を迎える頃となり、皮脂分泌は20代の約半分にまで減少し、肌バリアを保つために必要な皮脂分泌が足りなくなってくる傾向となります。

 
洗顔・クレンジングによる皮脂の落とし過ぎ

子供の頃は顔をぬるま湯で洗うだけだったのに、何時の頃からか洗顔石鹸や洗顔フォームなどで洗顔をするようになりませんでしたか?!

石鹸類で顔を洗うようになるまで、肌トラブルはあったでしょうか。

脂と油は別物で、油は水とは混ざりませんが、脂である皮脂は約32度のぬるま湯で皮膚についていても洗い流すことができます。

ところが、思春期に皮脂分泌が多くなったり、部活動などで皮膚の外部からつく汚れが気になったり、「皮膚をきれいにしなくては!」と意識をするようになり石鹸類で洗顔をするようになったかと思います。

また、女性の多くはメイクをするようになり、皮膚についた汚れやメイクを落とすために洗顔・クレンジングをするようになります。

皮脂や外部からついた汚れ、メイクを落とすために洗顔・クレンジングをするのですが、問題は強い洗浄成分(界面活性剤など)を含んでいるモノで洗顔・クレンジングをし、皮膚にとって必要な皮脂まで奪い肌バリアを弱めてしまいます。

肌バリアが弱くなると、外部からの刺激が皮膚の中まで入り込み、肌が赤くなったりピリピリと痛みを感じたりする敏感肌となり、皮膚の外側にある角質層に存在するセラミドなどが整っていないために肌荒れを起こします。

とても極端な話ですが、いくら敏感肌・肌荒れに良いスキンケアを使っても、肌バリアを弱らせている原因がそのままであれば、その場限りの改善でいつまで経っても敏感肌・肌荒れは起こります。

 
皮膚を守っているはずの常在菌のいたずら

皮膚を健やかな状態に保つために肌の上には多数の常在菌がいますが、肌環境によって増えたり減ったりしており、肌環境によっては肌荒れの原因になってしまいます。

常在菌は皮脂膜の中におり、その常在菌の中の1つである黄色ブドウ球菌は皮膚表面や毛穴に潜んでいる菌で、皮膚がアルカリ性に傾くと増殖して肌荒れを起こす原因となります。

もともと肌は弱酸性なのですが、常在菌は乾燥が苦手で皮脂が少ない状態では増殖できずに常在菌のバランスが崩れてしまい、アルカリ性で活発になる黄色ブドウ球菌が優位になるために肌の炎症・かゆみ・湿疹などを引き起こしてしまいます。

 
敏感肌・肌荒れを改善する方法

自然素材をスキンケアに使っていた昔と比べて、現在は敏感肌・乾燥肌の方は増えているそうです。

肌は非常にデリケートで、スキンケアだけではなく、食事などから取る栄養や睡眠・ストレスなどからも影響を受けるのですが、せめて肌環境を良くして敏感肌・肌荒れを起こしにくいスキンケアをしたいです。

 
皮脂を取り過ぎないクレンジング・洗顔を使う

メイクをオフするクレンジングにはミルク・ジェル・オイルなど、洗顔料には洗顔フォーム・洗顔石鹸・練りタイプなどがあり、皮膚についた汚れや不要な皮脂を落とすのがクレンジング・洗顔の目的です。

クレンジングにはメイクの油分を落とすための界面活性剤が配合されており、一般的なクレンジングの大半が石油系合成界面活性剤になります。

自然界にも界面活性剤のように水分と油分を乳化させる成分を含んだ植物もありますが数少ないために、オーガニックコスメでも界面活性剤だけは石油系を使っているものが多いです。

また、洗顔に使われている洗浄成分も、完全な石油系合成分や、天然成分であっても成分を抽出する際に使っているのが石油系の界面活性剤を配合しています。

これらの界面活性剤や洗浄成分が肌にとって重要で、肌を守っている皮脂までも汚れと一緒に奪ってしまうものがあり、肌バリアを弱めてしまいます。

皮脂を取り過ぎないクレンジング・洗顔料を使うことは、敏感肌・肌荒れになりにくい肌作りの必須条件になります。

 
天然植物オイルでクレンジング

美容オイル クレンジング

天然植物オイルは肌に栄養を与えるばかりでなく、メイクをオフするクレンジングとしても使えます。(すべてではない。)

天然植物オイルをメイクになじませ、メイクを含んだオイルを肌か取り去るためにらコットンや蒸しタオルなどで拭います。その後、肌に残っている油分を洗顔料で洗い流します。

少し面倒なやり方ではありますが、天然植物オイルの多くは肌を柔らかくするのに効果的でもあり、メイクを落としながら皮脂不足のサポート・栄養補充になります。

天然植物オイルは肌に浸透しますが分子の大きいメイク成分は肌の中まで浸透することはないので肌への悪影響はありません。

ホホバオイル・アルガンオイルなどでメイクをクレンジングするのも1つの方法です。

>>クレンジングに使える美容オイルはこちら

 
クレンジングできる石鹸

ナーブルスソープ オーガニックオリーブオイル石鹸 オリーブオイル石鹸 洗顔石鹸
(ナーブルスソープ)

洗顔石鹸の多くは肌についた汚れやよぶんな皮脂を落とせるだけなのですが、石鹸によってクレンジングできる石鹸もあります。

一般的な洗顔石鹸でメイクをオフすると、肌にメイクの油分が残っているために、指が肌を滑らずゴワゴワした感じになり、メイクが肌に残ったままになってしまいます。

また、クレンジングできる石鹸であっても粗悪なものは目に見えないメイク残しがあり、毛穴に蓄積され酸化し、毛穴の黒ずみ・浸透の悪い肌になってしまう可能性があります。

石鹸でクレンジングできているかを確認するために、初めて使うクレンジングできる石鹸の場合には、油分のメイクを絡ませやすい植物オイルをコットンに含ませ、メイクが肌に残っているかを確認してみるのも良いです。

>>クレンジングできる石鹸はこちら

 
皮脂不足を天然植物オイルで補う

天然植物オイルには、皮脂が持っているオレイン酸・リノール酸・スクワランなどを含んだオイルが多く、肌バリアを担っている皮脂を補うのに効果的です。

クレンジング・洗顔により皮脂の取り過ぎを改善したとしても、加齢によって皮脂分泌が不足してくるので、皮脂膜のサポートとして皮脂に近い天然植物オイルを使用し、敏感肌・肌荒れになりにくい肌作りができます。(肌バリアアップ)

皮脂に含まれるオレイン酸・ワックスエステル・スクワランなどを含んだ植物オイルとして、オリーブオイル ホホバオイル アルガンオイル マカデミアナッツオイルなどがあり、皮脂不足のサポートとともにそれぞれのオイルの特徴である栄養も肌に補えられるので、美肌作りに効果的です。

>>皮脂不足を補う天然植物オイル(美容オイル)はこちら

 
まとめ

敏感肌・肌荒れの改善を考えるのであれば、肌を弱めているスキンケアを排除し、肌バリアに着目したスキンケアをすることで、美肌への絶対条件の保湿力アップも叶い、敏感肌・肌荒れになりにくい肌になります。

肌をいたわり、肌に優しい完全無添加オーガニックコスメを使うのは良いですが、メイクが肌に残っていては本末転倒。

当ショップでは、天然植物オイルやクレンジングできる石鹸でのクレンジングをおすすめしており、クレンジングを取り扱っていません。

完全無添加オーガニックコスメでクレンジングもありますが、肌への優しさとクレンジング力を兼ね備えたクレンジングが見つかっていない状態です。

また、石鹸も完全無添加オーガニックでありながら、洗い過ぎない石鹸を取り扱っております。

結果として、敏感肌・肌荒れなどの原因となりかねない強い洗浄成分や界面活性剤使用の洗顔石鹸・クレンジングは排除し、肌バリアをいたわることで敏感肌・肌荒れになりにくい肌作りを考えております。


■関連記事
アルガンオイル・ホホバオイルなどの天然100%オイル(キャリアオイル)を使ったクレンジングのやり方
ひどい乾燥肌なら身体を洗わない
植物の持つ紫外線B波カット指数「SPF」比較

>>ホームページへ

完全無添加オーガニックコスメ セレクトショップ ネット通販 ABCオーガニックショップについて


モバイルショップ