肌のシワ・たるみに関わるコラーゲンにも影響あり!肌と抗酸化作用の関係
肌のシワ・たるみ 抗酸化作用 エイジングケア

人は息をしているだけで活性酸素を作ります。

もともと活性酸素は人を守るためのものなのですが、添加物・ストレス・疲れ・喫煙・紫外線・激しい運動・酸化した油などの外的要因により、より多くの活性酸素を作り自らの身体を攻撃して傷つけてしまいます。

活性酸素により身体の細胞を酸化させ、鉄が錆びるのと同じように酸化により肌老化の原因となります。

肌に限らず、身体全体の細胞は生まれてから年月を重ねることで使い続け古くなっていき、機能が衰えてくるのは当然ですが、この老化をメンテナンスすることでより機能が衰えない状態に導くのが抗酸化作用です。

自転車のチェーンに油を注ぎ、潤滑油を加えることで働きを良くするのと同様ではないにせよ、細胞を使い続けることでの老化を、メンテナンスにより老化しにくい状態を心掛けるのが抗酸化作用のある植物などはエイジングケアとして適しています。

「25歳はお肌の曲がり角」と言うCMがありましたが、肌老化はコラーゲンの生成などの身体の機能自体がピークである25歳を超えたあたりから徐々にやってきます。

久しぶりに会った友人にもし変化があれば、その変化に気が付くかも知れませんが、自分の顔は毎日見ているので変化に気づきにくく、気がついたら老化が始まっていると言うことになるのです。
 
若々し肌と老化した肌の違い

錆びる 肌老化 エイジングケア

皮膚の中にはコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどがあり、それぞれが関係を持ちつつ皮膚を内側から支えています。

ところが、20代半ばを過ぎると肌の再生が遅れるようになり、コラーゲンの生成が減少して老化とまでは言わなくても確実に衰退し始めます。

ハリのない肌は引力に負けてシワ・たるみが出て、ほうれい線ができたりフェイスラインに締まりがない・・・なんてことになってくるのです。

これが、若々しい肌と老化した肌の違いで、肌そのものの老化に外的要因が加わることにより、さらに肌老化を加速しかねない。

同年齢で見た目の肌の若々しさに違いが出るのは、いかに肌老化を阻止していくかにもよるのです。
 
抗酸化作用とコラーゲンの関係

トマト

抗酸化作用とは肌老化を阻止するのに効果的と言っても、具体的にどう肌のシワ・たるみに関わっているかになります。

肌にシワ・たるみが出る

コラーゲン生成の減少

コラーゲンを作るように指令を出している線維芽細胞の衰退

肌機能の低下

身体全体の酸化(老化)

簡単に言うとこんな流れになり、抗酸化作用のある植物などを肌に与えることにより、老化の原因の根っこにある部分のケアをすることになります。

例えば、
光老化は肌老化の原因の80%を占めていると言われているのですが、光を受けることにより活性酸素を作り肌老化の原因となる。

紫外線を浴びるとメラニンを作るからシミができるだけではなく、肌老化も一緒に起こしていると言う事です。

酸化(老化)させる原因となる活性酸素を多量に発生させるストレス・疲れ・紫外線などを完璧に受けないようにすることは不可能に近いので、活性酸素を抑制する抗酸化作用が大切になってきます。
 
抗酸化作用を持つ植物

スイカ

リコピン・フラボノイドなどのポリフェノール、ビタミンC・E、オレイン酸などには、植物自らの生命を守るために抗酸化作用を持っているので、美容成分として肌老化抑制に使われることが多いです。

抗酸化作用を持った植物は数多いので、一例をあげると・・・

ローズマリー
ローズヒップ
白樺樹液
スイカ
ヨモギ
オリーブオイル
アルガンオイル
ホホバオイル
シアバター
マカデミアナッツオイル
バオバブオイル

※商品をタップorクリックで、ショップ内の抗酸化作用を持った植物を含んだ商品ページに行けます。
 
まとめ

抗酸化作用を持った植物エキスやオイルを使って、いきなり肌のシワ・たるみ・シミなどがなくなる訳ではないですが、活性酸素は毎日身体で作られているので毎日の積み重ねによって肌老化抑制に役立ちます。

スキンケア全体として抗酸化作用を持った植物を取り入れることで、コラーゲンの減少などの基礎肌力に差が出るので、結果として肌のシワ・たるみ・シミなどの抑制につながります。

今だけではなく将来的な肌状態を考えた時に、抗酸化作用を持った植物エキスやオイルは積極的にスキンケアに取り入れたいです。

■関連記事
シミ・シワ・たるみなどの肌老化の原因を知って若々しい肌を目指す
完全無添加オーガニックコスメをおすすめする理由
「美容オイルは使えない」と諦めている方必見!美容オイルは使い方次第で美肌を目指せる
無添加がすべて安全ではない理由&添加物が肌に与える影響

ホームページへ