皮脂コントロール・抗菌・保湿でニキビ撃退

皮脂が詰まっている白ニキビ、炎症を起こしてしまっている赤ニキビ、ニキビの種類は違ってもニキビに関係しているのは皮脂とアクネ菌。

思春期にできやすい青春ニキビはできなかったのに、20代・30代になってから大人ニキビができやすくて悩んでいる方も多いようです。

できては治り、またできる。

ニキビができる原因はさまざまで、スキンケアだけが原因ではないので治すのは難しいです。

とは言っても、ニキビのできるメカニズムを知って、ニキビのできない肌になれるよう、ニキビを撃退できるお手伝いができればと思います。
 
ニキビの原因

ニキビができる原因は人それぞれで、いろいろな原因があります。
 
・ストレス
・疲れ
・寝不足
・肌の乾燥
・ホルモンバランスの崩れ

あげたらキリがないほどの原因があるのが現実です。

しかし、この原因のすべてに関わっているのが皮脂で、皮脂が多く出ると、その皮脂がニキビを増やすしているアクネ菌のエサになるために、ニキビができやすくなっているのです。


【ホルモンバランスによる皮脂過多】
先ほどあげたニキビの原因の中で、「肌の乾燥」以外はすべてホルモンに関係しています。

身体がストレス・疲れを感じていたり寝不足だったりすると、男性ホルモンの分泌が多くなります。

さらに、男性ホルモンが多くなると皮脂が出やすくなるのです。

ハードワークでガンガン仕事をしていて、夕方になり気が付いたら顔がギトギトしている・・・
こんな経験をしたことはありませんか?!

こんな時には身体が戦闘モードになっていて、男性ホルモンが多く分泌されているからです。

原因が分かったとしても、ストレス・疲れを感じないようにするのは、なかなか難しい。

また、女性ホルモンがたくさん使われてしまうと男性ホルモンが優位になり、皮脂がでやすい状態になります。


【肌の乾燥による皮脂過多】
肌が乾燥するのと皮脂過多は全く別のように感じませんか?!

ところが、人間の身体は良くできていて、肌が乾燥すると防御反応を身体が起こして、肌が危機だと感じ肌を保護するために皮脂を多く出します。

皮膚の中は乾燥しているのに肌の表面はギトギトしている状態なので、間違ったスキンケアを選んでしまうかも知れません。

 
ニキビができるメカニズム
 
ストレス・疲れなどを身体が感じる、肌の乾燥

皮脂が多く出る

アクネ菌のエサになる

ニキビができやすくなる

 
ニキビ対策まとめ

何度も言うようですが、ニキビの原因はさまざまでニキビが治らず悩んでいる方も多いです。

ニキビの原因を知った上で、保湿・皮脂コントロール、さらにはアクネ菌を増やさないようにするために、抗菌作用のあるスキンケアを使った方が良いです。

また、食事で脂や油を多くとると皮脂が出やすくなってしまうので食事面も気を付け、規則正しい生活でストレス・疲れなどを溜め込まないように心がけましょう。


ニキビ肌向けスキンケア
 

モバイルショップ