洗顔料は石鹸が一番いいの?! 洗顔に石鹸を使うメリットとデメリット
Ondo 石鹸各種

肌のクリアにする洗顔・クレンジングは肌にとって大変重要です。

肌に不執拗なものが残っていると、浸透の良くない肌になったり、肌荒れの原因にもなりかねません。

オーガニックコスメに限らす、コスメ・スキンケアを最後まで安全・安心して使い切るために防腐剤が必要で、洗顔料の中では石鹸が一番水分が少なく防腐剤を必要としないので、化学合成成分を配合せずに作られているものが多いです。

当ショップ内では洗顔料はすべて石鹸をご紹介しておりますが、石鹸を使用することで気になるのが肌状態や石鹸カスではありませんか?!

石鹸で洗顔をすると肌に石鹸カスが残り、石鹸での洗顔は・・・と言う方もいらっしゃるので、石鹸を使っての洗顔についてお話し致します。

 
洗顔に石鹸を使うメリット

●水分の含有量が少ないため防腐剤の使用が少量、または不要
●すすぎは必須ですが、肌に残っても弱酸性のもとで分解される
●石鹸に含有される脂肪酸とグリセリンは保湿効果を持っている
 
洗顔に石鹸を使うデメリット

●肌が弱酸性に対して石鹸は弱アルカリ性である
●石鹸によっては洗浄力が高い
●石鹸カス肌に残りつっぱった感じになる


すべてではないですが、石鹸を洗顔に使う際のメリット・デメリットがあります。

 
弱アルカリ性の石鹸で大丈夫?!

石鹸 泡

肌は弱酸性で石鹸で洗顔することにより弱アルカリ性になりますが、肌は自然に弱酸性に戻そうとします。

まったく肌への負担がない訳ではありませんが、ひどい肌荒れ・敏感肌などでない限り、弱アルカリ性になることで肌を傷めつけることはありません。

弱酸性の洗浄成分は非常に洗浄力が弱く、肌についた汚れや不要な皮脂を取り除ききれない場合があり、肌にとってプラスかマイナスかを考えた時、弱アルカリ性に傾くことが完全なデメリットではないと言う事です。

但し、石鹸での洗顔に限らず、ひどい肌荒れ・敏感肌の方が石鹸での洗顔を行う場合には短時間の洗顔にした方が良いです。

 
洗浄成分が強い石鹸は?!

ナーブルスソープ 無添加石鹸

石鹸を作る際に不可欠なのがベースとなる油分で、オリーブオイル・ホホバオイル・パーム油・ヤシ油などがあります。

洗顔の目的は肌についた汚れや不要な皮脂を取り除くことで、洗浄成分が弱過ぎても強過ぎてもNG!

天然成分だからと言ってなんでも大丈夫と言うのではないので、お使いになる時は石鹸の全成分を確認した方が良いです。

石鹸を作る際に使用する油分に含まれる脂肪酸がカギとなってます


無添加石鹸 石鹸素地 オリーブオイル パーム油 泡立ち

この表は一分ではありますが、これらの油分の性質を加味しながら利用する油分の配合量を工夫して作られている石鹸が良いです。

私の経験からではありますが、ヤシ油・パーム油を多く含む石鹸は洗顔後のさっぱり感が強く、洗浄力の高さを感じました。

皮脂分泌が多い方に向いていますが、肌状態を見ながら洗顔時間を短くするなどの調整は必要かと思われます。

また、洗浄力は高いのに肌への刺激性が低いのがオリーブオイルを利用した石鹸で、肌質を選ばずお使いいただけます。
 
石鹸カスの肌への影響は?!

石鹸カスが肌に残るとツッパリ感があるのですが、高品質の石鹸はツッパリ感を緩和する保湿成分などを配合していることが多いです。

また、お使いになっている方の肌状態によって石鹸カスが肌につかなくなるので、洗顔後の肌にツッパリ感がなくご使用いただけると思います。

そもそも、石鹸カスは石鹸と水に含まれるミネラルが結合してできてしまいますが、弱酸性で分解される性質があるので、たとえ肌に石鹸カスが残ったとしても肌が弱酸性に戻った時に肌に張り付いた状態にはならないのです。

しかも、石鹸カスは常在菌によって弱酸性に分解されることで、脂肪酸とグリセリンの保湿成分を生み出してくれます。

肌に石鹸カスが残ってしまったら・・・と気にしなくて大丈夫と言う事です。
 
まとめ


石鹸を洗顔として使うことでのデメリットはありますが、肌への影響は一過性のことで肌へ悪影響を及ぼすものではないのです。

洗顔フォームなどの水分を多く含む洗顔料は、水分が腐らないようにするために防腐剤を必要とします。

一般的な防腐剤はほぼ化学合成成分なので、肌への悪影響を考えると洗顔料は石鹸がベストです。

肌状態を悪化させない
肌に極力負担を掛けない
肌をクリアにする


こんな石鹸を選んで肌状態を健やかな状態にして美肌をゲットしましょう。


石鹸の商品ページ バナー



■関連記事
敏感肌・肌荒れを治したいなら洗顔・クレンジングの見直しと肌バリアに着目したい
良い洗顔石鹸・好みの洗顔石鹸の選び方

■こんな記事もあります
完全無添加オーガニックコスメをおすすめする理由
無添加がすべて安全ではない理由&添加物が肌に与える影響

>> ホームページへ
 

▲TOP