日本初!国産有機植物由来成分100%のオーガニックオリーブオイル誕生

小豆島のオリーブ栽培は有名で、小豆島のオリーブ生産者はオリーブオイルを使った化粧品を提供しています。

オリーブオイル化粧品は数々ありますが、海外産のオリーブオイルを使った化粧品から、搾りたてでピュアなオリーブオイルの方が安心感があり安全性が高いとして、小豆島産のオリーブオイルにシフトしている傾向があります。

そんな中、さらに上をいく小豆島産のオーガニックオリーブオイルスキンケアオイルを誕生させたのが山田オリーブ園で、植物の持つ生命力が溢れたスキンケアです。

しかも、オーガニックのオリーブオイルスキンケアと言うのは大変珍しく、現在日本に2件しかありません。 山田オリーブ園は、食べることができるオーガニックオリーブオイル100%をスキンケアオイルとして提供してくれた まさにこだわりを持ったブランドです。

山田オリーブ園 山田さんご夫婦

生産者の顔が見える安心感

今から9年前、私たち家族は移住先の小豆島で畑を借り最初のオリーブの苗木を植えました。毎日、全ての木を見て回り、害虫を手で捕獲し自宅で飼ってその生態を知ることにより農薬を使わず木を育てることができるようになりました。 瀬戸内海の穏やかな自然環境の中で、そこに集まる虫や鳥、草花とともに、私たち家族はオリーブに寄り添い、その恵に生かされています。木を育て、その実を摘むそういった一つ一つの仕事を丁寧に自分たちの手で行います。  オリーブの実は秋に収穫します。柔らかい実に傷がつかないようそっと手で摘み、摘んだ瞬間から酸化が始まるため畑の隣にある自家搾油所ですぐに搾ります。食用としても最高級のエキストラバージンオリーブオイルの酸度の基準0.8%を大きく下回る酸度0.2%以下のオイルです。天然の美容成分であるポリフェノール類をそのまま肌に届けるためオイルは加熱も薬剤処理もしていません。保存料や酸化防止剤も一切使用していない天然のエッセンシャルオイルです。 〜山田オリーブ園の記事より抜粋〜
一般的にオリーブを栽培する場合には、有機リン系の農薬やネオニコチノイド系の農薬を使用します。

ところが、山田オリーブ園では農薬を一切使わずに有機(オーガニック)栽培です。 有機栽培にするメリットは、オリーブの木がオリーブの実を病害虫から守るに多くのポリフェノールを蓄えようとすること。

化学的な合成成分を使うかどうかとともに、オリーブの持っているパワーを増やしているのが有機栽培と言うことです。 食用として最高級のエキストラバージンオリーブオイルの酸度の基準0.8%で、山田オリーブ園のオリーブオイルは大きく下回る酸度0.2%以下のオリーブオイルです。

結果として、有機栽培されたオリーブには抗酸化作用があるポリフェノールやビタミンEなどをたっぷり含み、生命力溢れるオリーブオイルとなります。

また、天然の美容成分であるポリフェノール類をそのまま肌に届けるために、加熱や薬剤処理もしていません。

スキンケアとして使っていても、オリーブ好きの方はパンにつけて食べたくなるほどの、美味しそうなオリーブの香りを堪能できます。 オリーブオイルスキンケアではありますが、「食べても安心なオイル」、「オリーブパワーが絶品」 それが山田オリーブ園のオーガニックオリーブオイルスキンケアです。

皮脂に近いオリーブオイル

オリーブオイルは、皮脂成分に含まれるオレイン酸・スクワランなどを豊富に持ち、人の皮脂に近く保湿力に優れています。

また、肌を保護する働きのあるリノール酸も含有しているため、皮膚の中の水分の蒸発を防いでくれます。

美容オイルの使用感に関わってくるのがオイルの持っている性質で、オリーブオイルを肌にのせると肌にス〜っと伸び、肌の角質層にしっかり浸透し長時間にわたり肌を守ってくれます。 特に、山田オリーブ園では数あるオリーブの品種の中でも、浸透力が高い品種の果実のみを使用しています。

さらに、収穫の日を調整してポリフェノール類の含有量が最適な実を収穫し、酸化防止のために6時間以内に収穫から6時間以内に搾油します。 搾油方法は試行錯誤を重ねたのちに、肌に使用する美容オイルとして最適な設定にし、これまでのオリーブオイル化粧品とは異なる高い浸透力を実現しています。

山田オリーブ園のオーガニックオリーブスキンケアオイルは、オレイン酸やビタミン類などをたっぷり含み、肌の水分と油分のバランスを改善しつつ、柔らかく透明感のあるしっとりとした肌に導いてくれます。

 
 

モバイルショップ