無添加と言う言葉を聞くと、肌に悪いものは配合されていないように感じませんか!?

ところがこの言葉には落とし穴があって、安全なフリをしている化粧品かも知れません。
 
無添加の定義って!?

石油系合成成分のことを添加物と言うので、無添加と言えば添加物が配合されていないことのようです。

しかし、ここで言う添加物とは石油系合成成分すべてのことではなく、旧表示指定成分の102種類を含んでいないということなのです。

およそ100年前、石油由来の成分をスキンケアで使うようになり、肌に良いと言うのが広がり、天然成分より安価でスキンケアなどが製造できるので、あっという間に広まり現在に至っています。

ところが、化粧品の石油系合成成分によって肌トラブルやアレルギーが起きていると言われるようになりました。

特に石油原料の合成界面活性剤は肌への浸透が高いので、乾燥肌・シミ・くすみの原因となってしまうのです。

そこで、化粧品による肌トラブルが多かった成分だけを選び、102の表示指定成分と旧厚生省が定めました。

ここで、「危険な成分」と分かり、化粧品に使ってはいけないとしていれば良かったのではと思うのですが、配合した場合に全成分表示に記載義務を与えただけ。

もっと簡単に言えば、危険かも知れない成分が今も使われているってことなのです。

スキンケアなどに、「旧表示指定成分不使用」となってれば、102の危険と分かり切っている成分は配合していないということになりますが、書かれていなければ配合しているかも知れないということです。

現に、この旧表示指定成分に含まれている成分「ラウリル硫酸ナトリウム」は歯磨き粉やシャンプーなどに使われている成分です。

また、「パラベン」は種類が多く、あえて「パラベン不使用」と書かれている化粧品があっても、「●●パラベン」と言う名前で合成防腐剤として多くの化粧品に使われています。

●●パラベンも石油から作られた合成防腐剤で、旧表示指定成分になっていないだけです。
 
無添加とは・・・
表示義務のない旧表示指定成分102を含んでいないと言うだけで、石油系合成成分を含んでいないというのではないのです。
 
添加物が肌に与える影響

添加物と言えば、化粧品だけではなく食品にも多く使われていて、一般的なオーガニック食品にこだわらずに生活をしている人が取る添加物の量は、1年で2kgにもなると言われています。

「ちりも積もれば山となる」と言うのは分かっていても、こんなにも多いとはびっくりしませんか!?

とは言っても、自給自足をしてない限り、現代社会では添加物をまったく取らない食生活は不可能に近いです。

しかし、食事などで口から入った添加物は人間の体に入ると肝臓などの身体の器官が身体の外に出そうとします。(すべてではないです。)

このデトックス機能を身体は持っていますが、肌は持っていないため石油系合成成分を肌に塗ればそのまま肌は受け入れたままとなってしまうのです。

結果として、石油系合成成分は肌に美容成分を入れるとか、肌についた汚れを落としやすくするなどの道具でしかないため、肌本来持っている力(肌バリア機能など)を弱めたり、肌トラブルの原因を作ってしまうのです。

食生活・生活スタイルなどの変化があるにせよ、現に昔に比べて敏感肌・乾燥肌・アトピー肌の人は増えています。

さらに言うならば、石油系合成成分の配合されている化粧品を使い続けていると、シミ・シワ・たるみの原因を作ってしまう可能性があると言うことになります。

 
完全無添加オーガニック化粧品をおすすめする理由

添加物が肌に与える影響を考えると、石油系合成成分はできることなら肌につけたくない。

さらに、石油系合成成分だけではなく、植物を育てる時に使う肥料なども化学肥料が使われているのが現状なので考え物。

一般的な野菜など、同じ野菜なのに栄養価は昔と比べると低いと言われています。

植物が育つ環境によって影響かが違えば、化学肥料から育った植物であれば化学成分を受け継いでいるってことになります。

石油系合成成分を嫌うのであれば、「オーガニック」とされているモノしかないってことです。

今ではオーガニックと言えば特別なモノのようになっていますが、100年前は石油系合成成分を使っていなかったので、当時は化学合成成分を使ってないのが一般的だったはずです。

そして、さらに言うならば、オーガニック化粧品と言うだけではダメなのです。

潜んでいる石油系合成成分があるかも知れないオーガニック化粧品ではなく、完全無添加オーガニック化粧品

オーガニック成分をほんの少し配合して、その他に石油系合成成分を配合しているのが世に出回っている化粧品のほとんどで、本当に肌のことを考えてオーガニック化粧品を使いたいのであれば、完全無添加オーガニック化粧品がおすすめです。

 

モバイルショップ