毛穴の黒ずみはクレンジング・洗顔の見直しや取り方が肝心

毛穴の黒ずみはクレンジング・洗顔の見直しや取り方が肝心

毛穴の黒ずみ、特に鼻の毛穴の黒ずみが気になり、なかなか改善されない方も多いのではないでしょうか。

毛穴の黒ずみの原因は、皮脂やメイク残りが毛穴に詰まり酸化して黒ずんだためにできます。

毛穴をクリアにすると開いていた毛穴がキュっとなるので、毛穴のつまりをなくすクレンジングや洗顔料、さらには毛穴の黒ずみの取り方のポイントを抑えてスキンケアを行いましょう。

まず第一にポイントとなるのがクレンジング剤と洗顔石鹸などの洗顔料で、クレンジングや洗顔によって毛穴に皮脂やメイク残りがなく、肌に負担が掛からないものを使いたいです。

しかし、毛穴に入っている皮脂やメイク残りを落としたつもりでも、目に見えない部分なので毛穴の黒ずみの原因となる皮脂やメイク残りがあるのかも知れません。

次に毛穴の黒ずみの取り方です。

シートタイプの角栓を取って毛穴の黒ずみを改善すると言うのがありますが、毛穴を刺激してしまうのでNG!

肌に負担を掛けずに肌をクリアにしてこそ、毛穴の黒ずみがなく肌トラブルの起きにくい肌作りがでるので、毛穴の黒ずみ改善ポイントをお伝えしたいと思います。
 
クレンジングと洗顔料の見直し

スプーンスプーン 洗顔石けん 泡

肌に負担が掛からないクレンジング剤・洗顔料はありますが、肌への負担と洗浄力のバランスが良いものを使いたいです。

さらに、毛穴の黒ずみ改善のポイントは毛穴のつまりを起きにくくすることで、毛穴に入り込んだ皮脂やメイク残りの吸着と角質ケア、そして毛穴を開いて皮脂やメイク汚れを出しやすくする事です。
 
皮脂やメイク残りの吸着

洗顔石鹸の中にはナーブルスソープのようなクレンジングできる石鹸もあり、基本的には肌をクリアな状態にしてくれるのですが、毛穴の黒ずみに関わる毛穴の詰まり解消を得意とする洗顔石鹸があります。

ナーブルスソープ 死海の泥
ナーブルスソープ 死海の泥 毛穴の黒ずみ 洗顔

オリーブオイルがベースで洗浄力が高いのに肌に負担を掛けない洗顔石鹸で、クレンジングできる石鹸でもあります。
特徴としては、死海の泥の持つ効果で、泥には皮脂や汚れをイオンによって吸着する力を持っているので、毛穴の中に入り込んているメイクや皮脂を吸着して取り除いてくれます。
さらに、死海の泥は通常の海水の約10倍の塩分濃度で、肌を引き締めるのにも効果的です。
毛穴の黒ずみの原因となる皮脂やメイク残りを取り除き、毛穴のキュっと引き締めてくれるので、同じナーブルスソープの中でも毛穴の黒ずみ解消に役立ちます。
特にメイクを毎日している方や皮脂分泌が多い方にオススメです。
ナーブルスソープ 死海の泥の商品ページ >>
 
角質ケア

ナーブルスソープ 山羊ミルク
ナーブルスソープ 山羊ミルク 角質ケア 毛穴の黒ずみ

オリーブオイルがベースで洗浄力が高いのに肌に負担を掛けない洗顔石鹸で、クレンジングできる石鹸です。
特徴としては、山羊ミルクに含まれているAHA(フルーツ酸)が、古くなった不要な角質を肌から剥がれやすくしてくれます。
肌の再生(ターンオーバー)は25台半ばをピークに下降し始め、古くなった不要な角質が肌に残りやすくなってしまうので、毛穴つまりを起こしやすくしてしまいます。
メイクをあまりしない方で肌がごわつき毛穴の黒ずみが気になる方は、角質ケアを行うことで毛穴の黒ずみが解消される場合があるのでオススメです。
ナーブルスソープ 山羊ミルクの商品ページ >>
 
毛穴を開く&角質ケア

美容オイル
ココロコスメ オーガニックグレープシードオイル 美容オイル 毛穴の黒ずみ

美容オイルは、肌を柔軟にして毛穴を開くのが得意です。

アルガンオイルなどの美容オイルはクレンジングとしても使うことができますが、肌を柔軟にするので毛穴の詰まりを解消するの事で毛穴の黒ずみを改善します。

通常お使いになっているクレンジングや洗顔石鹸などの洗顔料で、毛穴に皮脂やメイク残りによる毛穴詰まりがないようにするのは大前提ですが、それでも毛穴の黒ずみが改善されないのであれば、毛穴の大掃除がおすすめです。

それぞれの美容オイルの特徴である美容成分を肌に与えながら、肌を柔軟にして古くなった角質を剥がれやすくします。

また、美容オイルはクレンジングとしても使えるので、美容オイルの油分が苦手な方はクレンジングとして使うのも良いでしょう。

しかし、美容オイルを使っていても毛穴の黒ずみが改善されない場合は、通常のクレンジングとは別に週に2回ほど美容オイルを使って毛穴のクレンジングを行います。

美容オイルクの商品ページ >>


毛穴のクレンジング方法
1. 洗顔後の肌が乾いた状態で、美容オイルを5〜6滴手に取り顔全体に伸ばします。

2. 蒸しタオルを顔にのせ1分ほど放置します。

3. 最後に肌についている美容オイルを軽く拭き取ります。

4.通常のスキンケアをします。

肌を温めることで毛穴を開かせ、美容オイルで古くなった角質を柔らかくしているので、毛穴に詰まっている皮脂やメイク残りが出しやすくなります。

美容オイルの油分が気になる方は、通常のスキンケアの前に軽く15秒ほど洗顔しても良いです。
 
番外編

メイク残りがないかを確認する方法
クレンジング後、精製水をつけたコットンで肌を拭き取ってみてください。
メイクが残っているか確認したいばかりにゴシゴシ擦らずに優しく拭き取ります。
メイクが残っているとコットンにメイクがつくので、メイク残りがあるか確認できます。
精製水は薬局とかで安価で売っていますが、メイク残りがあるかどうかだけで購入するのはもったいないので、整水器の水や市販のミネラルウォーターでも良いです。
但し、水道水はカルキなどの不純物が混ざっているので使用しないでください。


■関連記事
アルガンオイル・ホホバオイルなどの天然100%オイル(キャリアオイル)を使ったクレンジングのやり方
皮脂コントロール・抗菌・保湿でニキビ撃退
⇒美容オイルを比較して肌に合った美容オイルを選びたい


>>ホームページへ

▲TOP