日本人が色白好きでシミを嫌う理由とシミを作らせないシミ対策

日本人のシミ 色白

日本人が肌のシミを気にするようになったのは約200年前。

古くは平安時代で、日焼けをしている人は農作業などで日焼けをしている一般人で、色白だと雅な生活をしている人の象徴のようで好まれていました。

日本女性の美肌・美白の歴史は古くからあり、シミを嫌うようになったようです。

この時代の女性たちは、現在のような化学合成成分を一切使っていない時代なので、まさにオーガニック植物!

生活の知恵から学んだ肌に効果的なスキンケアをしていました。

江戸時代の女性

江戸時代になると、白水と言われ使っていたのがお米のとぎ汁だったそうで、この白水が美白を意識した日本女性の原点です。

白水は肌に塗るだけで肌が白くなるので、当時は手軽に使えるスキンケアで重宝したと思われます。

また、米ぬかには人の肌の角質層で肌を保護しているセラミドが入っていて、米のおとぎ汁にも含まれているので、現在もスキンケアに使われているほどの美肌成分です。

 
シミを嫌うのは日本人の体質にあり

欧米では日焼けをしたいと思う人が多く、日本人が日焼けを嫌うのとはまったく正反対。

ところが、日本女性も昭和50年代には日焼けした褐色の肌を好み、日焼け止めどころかサンオイルで日焼けをしたがる時代がありました。

時代の流れや色黒だと引き締まって見えるなどが要因だと思われますが、「色白は七難隠す」と言われるくらいで、色白を基本的には好むのが日本人です。

さらに、色白と言うだけではなく、日本人はシミができやい体質であるために、肌にシミができないようにしているのもあります。

日焼けや肌への刺激によって、肌の奥の細胞が壊されないようにする防御策としてメラニン色素が作られます。

メラニン色素が作られるのは身体にとっては必要なのですが、作られたメラニン色素が肌の再生によって肌の奥(基底層)に残ってしまうのが問題なのです。

 
シミができるまで

肌の再生は通常28日で、皮膚の新しい細胞が生まれて皮膚の奥の方からどんどん古くなった細胞を皮膚の上部に送り、最後には角質(垢)となって剥がれていきます。

ところが、25歳くらいをピークに肌機能は徐々に衰え始め、40代以降は年齢プラス10日と言われています。

肌の再生が衰えると基底層でできたメラニン色素を皮膚の上に押し上げられなくなり、メラニン色素が溜まってくるとシミとなって現れます。

シミには種類があるのですが、頬骨のあたりにできるのは肝斑と言い、メラニン色素ができてすぐに現れるシミで、一般的に多くの方が悩んでいるのはメラニン色素が基底層に長年蓄積されることによって、いつの日かシミとなって現れるシミです。

 
衰えてくる肌の再生を正常にする方法

肌の再生が衰えてくると、古くなった角質が肌に残っているために、肌がごわつく、化粧水などの浸透が悪いなどで感じられます。

肌の再生に大切なのは基礎肌力アップ血行促進です。

どちらも肌細胞の活性化

血行促進作用を持った植物の一例
ローズマリー
ローズヒップ
白樺樹液
スイカ
ヨモギ
ドクダミ

紫外線をたくさん浴びてしまったら、シミを作り出すように指令しているチロシナーゼ酵素を持った植物エキスや、出来てしまったメラニン色素を基底層に残さないように、肌代謝をアップして肌の再生を正常にする必要があります。

子供の頃にできた傷はすぐに治っていたものの、ある程度の年齢になると治りが悪くなり色素沈着した部分がシミとなって残ってしまうのは、肌の再生の遅れや基礎肌力の老化によってメラニンを皮膚の外に追い出す力が弱っているからで、基礎肌力アップによってできてしまったメラニンを追い出しやすくします。

肌構造

血行が悪いと血液によって運ばれてくるはずの酸素や栄養が肌に届かず、肌は酸素不足・栄養不足になり肌の新陳代謝が遅れてしまうために、新しい細胞を作り出す力が弱まってしまいます。

シミを作らないようにしたい場合には、紫外線対策が一番に浮かんできますが、紫外線対策は完全ではないのでシミの元になるメラニン色素を肌から追い出すことも肝心です。

 
肌老化を抑制してシミ対策と若々しい肌作りを

シミに限らず、肌のシミ・シワ・たるみは肌老化により肌機能が衰えてしまうからです。

身体の細胞は毎日休みなく使われているから機能が衰えてくるのは当然ですが、肌を老化させないようにしたいです。

紫外線を浴びる、外部からの刺激などで、肌は過剰に活性酸素を作り出し酸化によって肌は老化します。

この肌の酸化を抑制してくれるのが抗酸化作用を持った植物などで、肌の保護・保湿に加えてスキンケアに取り入れ、肌機能を衰えさせないことでシミを作りにくい肌にします。

リコピン・フラボノイドなどのポリフェノール、ビタミンC・E、オレイン酸などには、植物自らの生命を守るために抗酸化作用を持っているので、美容成分として肌老化抑制に使われることが多いです。

抗酸化作用を持った植物の一例

ローズマリー
ローズヒップ
白樺樹液
スイカ
ヨモギ
オリーブオイル
アルガンオイル
ホホバオイル
シアバター
マカデミアナッツオイル
バオバブオイル

※商品をタップorクリックで、ショップ内の抗酸化作用を持った植物を含んだ商品ページに行けます。

さらに、肌老化の原因の80%が光老化と言われており、紫外線による肌の老化なので、メラニン色素を作らせないだけではなく、肌老化抑制のためにも紫外線対策は必須です。

紫外線を浴びてメラニン色素を作る段階で阻止してくれるのがチロシナーゼ酵素で、シミの予防対策に有効です。

チロシナーゼ酵素を含む植物の一例
ローズマリー
ローズヒップ
ドクダミ
グレープシードオイル
ヨモギ
ドクダミ

セリシン

※商品をタップorクリックで、ショップ内の抗酸化作用を持った植物を含んだ商品ページに行けます。

●シミを作らせないチロシナーゼ酵素を含む甘草エキス含有で、抗酸化作用、血行促進・肌代謝アップと多方向からシミ予防をしてくれる日焼け止め
完全無添加オーガニックの日焼け止め オーガニックフォレスト オールシーズンUVホワイトエッセンス 30g/SPF30 PA++


■関連記事
植物の持つ紫外線B波カット指数「SPF」比較
肌のシワ・たるみに関わるコラーゲンにも影響あり!肌と抗酸化作用の関係


ホームページへ
 

▲TOP